予防歯科は治療が終わった時から始まります。小出歯科医院で定期的なメンテナンスをオススメしています。

医療法人社団 小出歯科医院 予防歯科:歯の常識は間違いだらけだということを知っていますか?

 

小出歯科医院ホーム

診療の流れ

一般歯科

予防歯科

インプラント歯科

インプラントの費用

インプラントQ&A

インプラントの選択基準

メンテナンスについて

インプラントの出来る人
出来ない人

術前術後の注意事項

インプラント治療の予後

スタッフ紹介

院長の独り言
2007年
1  2  3  4
2008年
5  6  7  8

歯医者との良い付き合い方

リンク集

相互リンク

小出歯科医院
(夜間診療PM9:00まで)
千歳市新富2丁目1−28
TEL0123−22−5655
koide☆kna.biglobe.ne.jp
☆マークを@マークに置き換えてメールしてください。

 

歯の「常識」は間違いだらけです!!

1.「むし歯は削ってつめれば治る」という間違い

2.「歯医者は歯が痛くなったら行くところ」という間違い

3.「毎日自分でしっかり歯を磨いていれば歯は悪くならない」という間違い

これの、何が間違いなの!!

なんて思っている貴方は要注意です。

「常識の間違い」

1. 「むし歯は削ってつめれば治る」という間違い

皆さんも知っていると思いますが、虫歯は 一度大きな穴があいてしまうと、自然には治りません。
むし歯の治療というのは、歯を元どおりに治すのではなく、悪いところを削りとって、人工の詰め物を入れるだけなのです。
これで、完全に治ったといえるでしょうか?

歯というのは一度でも削ってしまうと、本当の意味では「治らない」のです。

どんなに 上手な歯医者が治療をしても、人口のつめものと本物の歯との間には、どうしたってミクロ単位の隙間や繋ぎ目が出来てしまいます。

これが、くせものなのです!!

このミクロの隙間をくぐりぬけて、新たにむし歯菌が繁殖し、歯を溶かしてしまうからです。

従来の歯科治療というのは、この「隙間」や「繋ぎ目」をなくすことを追求して発達してきました。

しかし、どんなに良い治療をしても、詰め物をしていない健康な歯と同じ状態には出来ないのです。
もとの歯に比べたら、繋ぎ目のある歯は、むし歯菌にとって入り込みやすいことはおわかりなったと思います。
そうなんです、つめた歯ほどむし歯になりやすく、何度も治療をくりかえすことになるのです。

あなたも、治療したことのある歯が再びむし歯になっていると言われたことがあると思います。そんな時、せっかくつめた金属をはずして、さらに深くけずったのではありませんか?
こうしたことを繰り返していると、中高年になるころには抜歯の運命がまっていいるのです。

ですから、むし歯を治療した歯が、再びむし歯にならないように、治療後もつめた物を歯医者さんで定期的にチェックして、治療した歯を予防して欲しいのです。


2.「歯医者は歯が痛くなったら行くところ」という間違い

あなたは、どんな時に歯医者さんに行きますか?

もちろん、「歯が痛くなった時」ですよね?

歯が痛くなったときにしか、歯医者さんに行かない方々が多いことをとても残念に思っています。
私はこの様な考え方が、間違えていることに早く気がついて欲しいのです。
歯は、あなたの大切な、かけがえのない身体の一部なのです。
その歯が、二度ともとの状態に戻らないことも知らないで、痛くなるまで放っておく。

この考え方が、間違えているのです。
さあ、 間違えた常識を、早く正してください。
「一度悪くなった歯は、二度と治らない」 のです。
ある一定のレベルを超えて悪くなってしまった歯は、どんな名医にも治すことはできないのです。

悪くなるまで放置した歯を、治しては、また痛くなるまで放置する。
これを繰り返していれば、あなたは「総入れ歯の道へ」とまっしぐらです。

今、あなたはまだ若くて、歯のことなんて真剣に考えていないかもしれません。でも、年をとって実際に歯を失い始めると、ほとんどの方が「もっと若いころに歯を大事にしていれば良かった」とおっしゃいます。

ご存知のように、年齢を重ねれば重ねるほど、食べることに対する楽しみは増していきます。本を読むにも目が悪くなり、スポーツをするにも足腰が弱くなりますから、食べることは人生後半の最大の楽しみになってきます。そういう時期にはがないということは、とてもつらいことです。

実際に入れ歯は大変ですよ!!

運良く、違和感のない入れ歯に巡り合っても、その入れ歯の寿命は長くはありません。
それは、日数とともに歯茎のほうの形が変化してくるからです。
ですから、ほとんどの方々が入れ歯の違和感に耐えながら使っていらっしゃいます。
家族や友達と旅行に行っても自分だけ美味しい食事を楽しめない、そういうのって辛いですよね。
しかし、それが現実です。

私たちも、今あるかけがえのない歯を、もっと大切にしようではありませんか。
痛みが無いときこそ、歯医者さんに行きましょう!!


3.「毎日自分でしっかり歯を磨いていれば歯は悪くならない」という間違い

次の二人のうち、年をとってから どちらがより健康な歯をたもてるでしょう?

1.まじめに毎日、歯磨きをしているけど何年かに一回しか歯医者さんに行かない人
2.歯磨きは、まあまあだけど、 3ヵ月に一度は歯医者さんに行って歯を磨いてもらっている人。

もちろん、1.? と答える人がほとんどだと思います。

ところが、正解は2. なのです。

えっっっっっ!! っと 思われがちですが、これが本当なんです。

1.のような歯磨きをしている人は、自分は完璧だと思ってしまいがいなのですが、それが間違いのもとです。
家庭で行う歯磨きだけでは、全てのプラークは取りきれないのです。

そして、この残ったプラークが3ヶ月くらいたまると、最近で出来た膜のようなものが作られます。この膜が出来ると、どんなにゴシゴシ磨いても、虫歯の進行を止めることは出来なくなります。

ところが、まじめに磨いている人ほど 「歯ブラシでこすれば落ちると」思い込んで、歯や歯ぐきがすり減って痛んでしまうほど、熱心に磨いてしまうのです。

一方 2.のような歯磨きをしている人は、歯医者さんでプロの国家資格をもつ歯科衛生士さんから、専用の器具で歯をクリーニングしてもらっています。
ですから、歯ブラシでは取れない細菌の膜もきれいに落とせるのです。

 

「歯磨きさへきちんとしていれば、歯医者さんには行かなくてもいい」

こんな常識は、今日からすててくださ。

以上が常識のまちがいでした。 どうでしたか? 驚いたでしょう!!