千歳市歯科医院:院長の四方山話 :小出歯科医院

痛くないインプラントは小出歯科医院、即日で仮歯が入ります。

医療法人千歳市歯科医院:社団 小出歯科医院 当医院のインプラント 1.歯が抜けたけど入れ歯は嫌という方、健康な歯は削りたくないという方にオススメです。

小出歯科医院ホーム

診療の流れ

一般歯科

予防歯科

インプラント歯科

インプラントQ&A

インプラントの選択基準

メンテナンスについて

インプラントの出来る人
出来ない人

術前術後の注意事項

インプラント治療の予後

スタッフ紹介

歯医者との良い付き合いかた

リンク集

相互リンク集

小出歯科医院
(夜間診療PM9:00まで)
千歳市新富2丁目1−28
TEL0123−22−5655
koide☆kna.biglobe.ne.jp
☆マークを@マークに置き換えてメールしてください。

ここでは、診療室での出来事などを紹介していきたいと思います。

1 2 3 4 5  6 7 8 9 10 11 12 13 14

2008/10/28

即時荷重インプラントというのが、現在のインプラント界では流行になっています。

OGAインプラントでは何十年も前から即時荷重ですから、いまさら珍しくも無いのですが、技術的には難しいものです。

患者様にとっては、直ぐに仮歯が入るという事は嬉しいことです。
しかし、仮歯が入ったからといって直ぐに何でも食べられるという事はありません。
患者様にとってはこれが、意外とストレスになるようです。
歯が無ければ食べられないだけですが、仮といっても歯が有るわけですから、あるのに咬まないようにする。
食べたとしても軟らかいものだけです。

実際に食べ物を見てみると、軟らかい物といっても探すのはなかなか難しいです。
軟らかいと思って食べてみると、弾力性にとんだものが混ざっていたとか、パンは軟らかいと思って食べてみると意外と抵抗があったとか、かなりのストレスになります。

また、この様な注意事項をまったく無視する患者様もいます。

そのような時は、骨にくっつくのに通常より時間がかかってしまう。
永くなるくらい ならいいのですが、失敗の原因になる事もあります。

この様な説明をすると、エンドポアインプラントでお願いしますという事が多いくなります。
私も、どちらに力を入れているという訳ではではなく、やはり患者様に選択していただこうという方針ですから、これからもじっくり話し合って決めて と思っています。


2008/10/27

今年度は昨年から取り入れた エンドポアインプラント 希望する患者様が増えました。

他のインプラントとの違いを説明すると ほとんどの方がエンドポアインプラントを選択しました。骨に対する維持力が通常に比べ 3倍と強いために、一番短い物では5mmという物まであります。短い上に先端が細い型なので骨を突き破るというリスクも減ります。

5mmというと短いので心配する方もいますが、通常の3倍の維持力ですから、15mmのインプラントと同等ということになります。

今週、最終補綴物が入る予定の患者様は CTレントゲンで骨の質が非常に軟らかい状態でしたが、10週で ぺリオテストの結果が マイナス5という数値がでました。
ぺリオテストの結果は 0以下でインプラントの結果は良好と言われますから、この結果の凄さが分かります。

また、現在では骨を押し広げる方法を併用していますので GBR(骨を増やす手術)なども必要が無く、その分の費用もかからなくなりますので通常よりも安価になります。

 


2008/10/25

今日は土曜日で通常は休みですが、インプラント希望の患者さまがいましたので午前中診療をしました。

左下の4〜7番欠損ですが、4.5の歯槽骨が吸収されており幅が2.5mm程しかなくリッジエクスパンション(OAM) を行いインプラントを埋入しました。

麻酔が切れた時間に連絡をいただき、痛みもシビレもなく、こんなに痛くないものなんですねと驚いていたようです。

話は変りますが、当院ではインプラント埋入オペの前に必ずCTレントゲンを撮っていただき、シンプラントによる3D診査を行います。
本当であればインプラント埋入後にもCTレントゲン撮影が出来れば、より安全なのですが、実費で3万円ほどかかってしまい患者様にとっては負担になってしまいます。

かと言って、診療室にCT レントゲンを常備しようとすると3千万円ほどかかりますので、インプラントの価格に転嫁することになります。

インプラントは維持力を増す為に、出来るだけ長さと太さのあるものを使う事になりますが、大きくなればなるほどリスクが増すというジレンマがあります。
そこで、安全の為に予めCTレントゲンを撮りますが、本当は術中、術後もCT を撮るのが良いはずです。

そこで、小出歯科では術前 CTレントゲンを撮り、徹底的に術前診査を行い、エンドポアインプラントという通常の3倍の維持力のあるインプラントを使うことにより、歯槽骨に対して通常よりも充分余裕のある大きさ形態のインプラントを埋入することで安全性を高めています。

その為、術中の侵襲も少なくなるために術後の痛み腫れもほとんど無く、患者様の負担を少なくすることが出来ます。

小出歯科では、これからも、負担のかからない方法を探しながらインプラントを続けて行こうと考えています。


2008/10/18

最近、北海道でもインプラントを行う歯科医院が増えています。
しかし、インプラントは始めてみたものの患者は そんな簡単に訪れては来ません。
おのずと自院に訪れた患者様に勧めることになります。

しかし、この勧め方に問題があります。

患者様に選択肢を与えないで、一方的にインプラントしか無いような勧め方をしてしまう歯科医院が増えています。
これには問題があると思います。

患者さま、それぞれに環境があり、考え方もあります。
時間的に余裕が無い、経済的な問題、その他色々あると思います。
これを、一方的にこれしかありませんという言い方をされると、これに応じられない患者さまには計り知れない負担をかけてしまいます。
そのような悩みを抱えた患者様が訪れる頻度が高まっています。

最近は、インプラントの相談というより まるでカウンセラーの様な対応が必要になる事もあります。カウンセラーの資格がある訳ではありませんが、少しでも患者様の負担を無くす必要があると考えています。

もっともっと、患者様の立場になって考えて欲しいものですね。


2008/10/17

今月は、インプラントに関するメールの問い合わせが非常に多いです。

内容の多くは、自分はインプラント治療可能かどうか、金額、期間はどれくらいかかるか、
入れ歯との違いなどです。

なかには、他医院でインプラントを行っている途中の方からの相談もあり、中には深刻なものもありますし、対応の悪さだけで患者様の信頼を失っているものもあります。

全ての歯科治療が そうなのですが、特にインプラントは金額的にも高価です。
また、外科的な侵襲も抜歯などと違うので(特に痛いとかではありません)精神的にも
不安がありますので、特に手術後のフォローは注意深く行わないといけないと考えています。

当院でも、同じく患者様の不安、不満を見落としている事もあると思います。そんな時は一言、私でもスタッフにでも言ってくれると助かります。未熟な私でも 人からの助言は受け入れようと考えています。

今週末は インプラントのオペもないので少しゆっくり出来るかな?


2008/09/25

今月は殆どの週末に インプラントのオペがありました。

比較的、骨量が少ない患者様が多かったために、エンドポアインプラントの埋入を選択する事になりました。

10月も オペの予定が入っていますが、これも やはりエンドポアインプラントになる予定です。

金額的にはOGAインプラントより 高めに設定していますが、説明をすると希望される患者様が多いです。 
金額は 25〜27万円で、人工骨などを使用する場合は別途金額がアップする事もありますが、患者様は快く申し込みをされていかれます。

インプラントの相談を受けて、一番心苦しいのは経済的な問題でインプラントが出来なくお断りしなければならない時です。
何とか、良い方法は無いかと知恵をしぼるのですが、なかなか難しい事が多いです。

今後、国は財政難の為に歯科医療に最新治療の保険導入はしないようです。
日本も、いよいよ欧米並みに 良い治療を受ける為には貯金をしてからという時代に突入したのかもしれません。


2008/08/02

今年に入ってから驚いたことがあります。

近年、インプラントと天然歯を連結する事はありえません。
まして、インプラントと天然歯とのブリッジなど論外です。

今年は2例、この症例を見ましたが、どちらも失敗に終わっています。

何故かと言うと、天然歯は根っこが歯根膜と言うものに覆われていてクッションの役割をしています。その為に天然歯は目に見えない程度の動揺がありますが、インプラントは歯槽骨と直接固定ですから動揺はありません。

この違いによって固定する事によってインプラントを揺り動かす力が加わるのです。
これはインプラントにとって最悪のことです。

皆さんもこの事を頭の片隅に 残しておいてくださいね。

 

インプラントQ&A

インプラントの出来る人、出来ない人