千歳市歯科:院長の四方山話 :小出歯科医院

痛くないインプラントは小出歯科医院、即日で仮歯が入ります。

千歳市歯科:医療法人社団 小出歯科医院 当医院のインプラント 1.歯が抜けたけど入れ歯は嫌という方、健康な歯は削りたくないという方にオススメです。

小出歯科医院ホーム

診療の流れ

一般歯科

予防歯科

インプラント歯科

インプラントQ&A

インプラントの選択基準

メンテナンスについて

インプラントの出来る人
出来ない人

術前術後の注意事項

インプラント治療の予後

スタッフ紹介

歯医者との良い付き合いかた

リンク集

相互リンク集

小出歯科医院
(夜間診療PM9:00まで)
千歳市新富2丁目1−28
TEL0123−22−5655
koide☆kna.biglobe.ne.jp
☆マークを@マークに置き換えてメールしてください。

ここでは、診療室での出来事などを紹介していきたいと思います。

1 2 3 4 5  6 7  8 9 10 11 12 13 14

 

2007/06/22

最近、来院される患者様に、インプラント手術の写真を見ていただくと従来の手術と当院の手術の違いを見て驚かれます。

 何が違うかというとほとんどの場合、歯肉を切開しない方法なので、最小の浸襲で手術を行うので術後疼痛、腫脹がほとんど無いのです。
最近よく言われている MI(Minimal Intervention)治療法とでも言えば 分かりやすいかもしれませんね。

 何も、難しい方法で患者様に痛いおもいをして頂かなくても、十分予後の良いインプラントは出来るのです。やはり患者様に優しく、その日のうちに仮歯が入る方法が、これからは主流になってくるのだと思います。

 

6月21日

 患者様にインプラントを勧めるときに、まず考える事は何かというと、精神状態
次に、全身的な健康状態、歯槽骨、神経上顎洞との位置関係と咬み合せです。

 インプラントは保険外診療になりますので、経済的に出来ない方もいらっしゃいますが、経済的に許されても 価値観の問題でインプラントを選択しないかたもいらっしゃいます。

 最近、特に気になるのが他院でインプラントを勧められてから、インターネットで検索して当院に来院される患者様が多い事です。
多分、説明を受けても不安を感じ、調べるのだと思います。

また、説明不足もあるのでしょうが、今直ぐにでもインプラントが出来ると思われて来院する患者様が多いようです。

 インプラントを行うときには、咬み合せの状態が特に重要になってきますので、口腔全体の咬み合せの改善を計ってからインプラントに移行するという 説明をするとビックリする方が多いのです。

 そんな訳で、このままの状態では当院ではインプラントは出来ませんと、十分な説明をしても理解していただけない場合は、お断りする事もあります。

やっぱり、これも説明不足なのかな〜

 

 

6月20日

最近、インプラントに関する問い合わせが急に増えています。
インプラントはマスコミなどにも 紹介される事も多くなり、患者様で興味をお持ちの方も多いようです。

確かに、インプラントにすることによって、あの入れ歯のわずらわしさからは開放されます。また、ブリッジにする事による弊害から残存歯も守られます。

しかし、インプラントだからと言って万能ではありません。

インプラントを埋入しても、安定するまで数ヶ月かかります。
当院ではほとんどの場合インプラント埋入と同時に仮歯を入れます。
これが、手術当日から案外咬めてしまいます。
それを、過信して ガンガン色々なものを食べてしまう方もいるようです。
これでは、せっかくのインプラントも 、あっという間に台無しです。
上手くいけば一生持つインプラントです。
私のOK が出るまでは我慢して欲しいです。

当院では患者様とは一生のお付き合いと考えていますが、特にインプラントに関しては、その想いは強いのです。

インプラントは、入れてからのメンテナンスが特に大切になります。
当院と あなたとの二人三脚で進んでいく事になりますから、お互いに信頼関係にないと成功はありえません。
何か不安に感じたときに遠慮して質問できない患者様がいます。何でも、気兼ねなく質問してください。
不安を抱えたままでは、お互いに信頼感は生まれません。
私が万全を尽くしているつもりでも、貴方にとっては不満に感じることもあるかもしれません。 そんな時に貴方が 気付かせていただけると、ありがたいです。

今日は、とりとめの無い話になってしまいましたが、分かっていただけたでしょうか?

 

6月15日

今日の午前中は学校検診でした。
中学校の生徒数は370人くらいですから、以前の半分以下に減っています。少子化が、どんどん進んで行くんですね。

検診終了後、昼食を取る為に診療室近くの オープンセサミというジャズ喫茶でオムカレーを食べてきました。
ここの、オムカレーは美味しいと評判で 昼時は満席で入れない時もあるくらいなのですが、今日はラッキーな事に 4人でも待つことなく入れました。

また、午後のティータイムには手作りケーキなどもオススメで、紅茶も色々選べるのが嬉しいです。コーヒー派の私としては、コーヒーも選べるといいのにな〜と思います。

オープンセサミのオーナの飯森さん夫婦は美男美女で、お洒落な雰囲気のお店にピッタリです。
ご近所に来られたときには、立ち寄ってみてください。
(小出歯科の紹介と言っても、割引サービスはありません)
住所 北海道千歳市北栄2-15-15??
TEL  0123-27-5855

 

 

6月12日

久しぶりの更新です。
今日は、週間朝日から電話で インプラントについての対談の問い合わせがありました。九州大学の先生との対談ということですが、人と話をする事は嫌いではありませんが、あまり注目されるのは好きではありません。

週間朝日と言えば、全国版ですから 絶大な宣伝効果があると思います。
ちょっと勿体無い気はしますが、私の性格上 インプラントは特に、自分のペースで 信頼関係の出来上がった患者様に 行っていきたいと思っています。

また、最近では GBR法、サイナスリフトなど骨の再生治療が大流行ですから、対談でもその様な話が多くなるかもしれません。

しかし、当院では極力、再生治療は行わないでインプラント治療をしています。
全てでは無いですが、やはり外科処置をともないますから術後疼痛や腫れが出ます。
患者様にはかなりの負担がかかるのです。

インプラントを埋入するだけでも、患者様には恐怖だと思います。
ですから、当院ではインプラント自体も 出来るだけ患者様に負担がかからない方法で行っています。
それに、当院は開業してから25年くらいになりますが、抜歯の患者様でも抜歯後に腫れた方は年に1〜2件しかありません。
とにかく、患者様には負担をかけたくないのです。

とりとめの無い話になってしまいましたが、こんな考えで毎日診療をしているということです。

 

6月5日

今日は、インレイ脱離で来れれた患者さま。
インレイの再着だけの予定でしたが、1年前に抜歯した右下7番の対合歯が伸びて来たので、その処置について相談しました。

幸い対合歯は無髄歯でクラウンが装着されているので、クラウンを交換する事により咬合を改善する事が出来ます。

その後、欠損部位に対する処置の選択肢としては 義歯、ブリッジ、インプラントということになりますが、 小出歯科医院と この患者様は20年来のお付き合いですので、信頼関係は十分出来上がっているものと思います。

簡単な説明の段階で、インプラントを希望されました。

次回は、詳しいインプラントの説明後、十分な診査とレントゲン、及びスタディーモデルを作成し、問題なければ、CTレントゲンに進みます。

その、1週間後くらいにはインプラント埋入、即日仮歯が入る予定です。

当医院での保障期間は5年と決めていますが、目指すは一生もののインプラントです。これからは、患者様との二人三脚です。どちらか、一方が手を抜くと一生もののインプラントは無理です。

Sさん、頑張りましょうね!!

 

 

5月30日

現在、北海道の山菜取りは フキの時期なんですね〜。
今日の午前中に フキを頂きました。
茹でて、皮はむいてあるので 後は調理するだけ、味噌汁に 入れてもいいし、煮物でもいいですね。

もうそろそろ、竹の子の時期ですから楽しみです。
これは、取りに行く予定ですけどね。

話は変わりますが、患者様からの電話相談がありましたが、電話では分かりにくいので診療室に来ていただき診査をしました。
ブリッジの支台になっている歯を抜かなくてはならにと言われたが、抜かない方法は無いかという相談だったので、レントゲン診査をした結果、歯根嚢胞が下顎管にまで達していて、抜歯の難症例です。

口腔外科での抜歯を薦めたところ知っているところがあるとの事で、そちらに行ってもらうことにしました。

その後、抜歯後の処置を説明。

選択肢として、ブリッジは無理なので義歯かインプラントになると説明したところ、義歯は絶対に嫌ということで、インプラントの希望です。
しかし、抜歯の予後次第になるものと思われますので、その時に再考することにしました。


5月28日

今日はまた、頂き物の話です。

なんと、チョコレート!!

家族で食べるにも一回では食べられそうにありません。従業員と山分けという事になりました。(虫歯にならないように...)

実は、この方には毎年季節になると、ボジョレー・ヌーヴォーも頂くのです。(*^_^*)


5月23日

口腔外科からの連絡が入り、埋伏歯抜歯は1日入院、全身麻酔下で行う事になったようです。やはり、私の手に負えるものではなかったということでした。

早期の回復を願っています。


5月15日

今日は、上顎犬歯欠損の患者様がいらして、ブリッジにして欲しいとの事でした。レントゲンを撮ってみると未崩出であることが分かり、口腔外科に抜歯の依頼をする事になりました。その後ご両親との相談で、欠損部位はインプラントにする事に決まりました。

後日、紹介状をお渡しして口腔外科での処置を待つ事になります。

かなりの深さなのでちょっと心配です。

 


5月14日

今日はインターネット経由で インプラントの問い合わせがありました。

奥歯の動揺が激しく、他院では抜歯後処置の選択肢として 義歯、ブリッジ、インプラントがあると聞いたそうです。

問診では、全身的には問題はなく喫煙もありません。
しかし、レントゲンでは歯槽骨はかなり吸収されており、歯根が下歯槽神経に近接しています。その為、抜歯後即時インプラントは諦め、抜歯後骨の回復をみてからインプラント埋入をする事にしました。

それまでは、他の歯の修復物を外し、咬合を出来るだけ正常にもって行く事にしました。


5月8日

今日は、奥歯のブリッジが動揺していて痛みを訴えている患者様の歯を抜歯しました。その時に患者様からインプラントにしたいとの申し出があったので、パノラマレントゲンを撮り歯槽間管との位置関係をみました。

パノラマでは おおむね問題なしです。

これで、患者様に説明をしてご理解いただければ CT撮影と進んでいくわけです。
ところが、全身状態に以上は無いのですが、喫煙者とのことで、まずは禁煙から始めることになりました。

簡単に禁煙といいますが、これがけっこう難しいのです。

いつまでに禁煙出来るかみものですね。頑張ってください!!


4月27日

今日は、午前中にインプラント埋入の患者様がいらっしゃいました。

痛みも無く、快調とのことです。
手術部分の消毒と、仮歯の調整をして 一週間後の予約を取りました。

小出歯科医院では、抜歯などでも予後の心配な患者様には、自宅の電話番号も お知らせします。

また、インプラントの患者様には自宅の電話番号プラス、携帯電話もお知らせする事になっています。

不快症状だけでなく、インプラントに対しての疑問、不安など即座に対応することによって安心していただくためです。


4月26日

日記のような感じになっていますが、毎日更新するというのは 意外と難しいものだな〜と思います。

あまり、診療内容の事をお話しすると 個人情報保護なんてことに引っかかることも考慮しなければならないご時勢ですから。

今日は、インプラントの埋入があったのでちょっとお話したいと思います。

小出歯科医院でのインプラントは非切開、非剥離、無縫合ですから、他医院と比べて痛みが非常に少ないです。
実際、今日の症例は 前歯抜歯直後にインプラント埋入、仮歯まで入れる手術でしたが、患者様は手術中にイビキをかいて寝ていました。

夜になってから、予後の確認のために電話を入れると多少の痛みはあるが鎮痛剤を飲むほどではないとの事でした。
明日は手術部分の消毒に来られますが、今日は安心して帰ることが出来ます。

それでは、おやすみなさい!!


4月21日

今日は直接仕事の お話ではありませんが、小出歯科医院では患者様からの頂き物が多いのに驚かされます。

例えば、今日は「アイヌネギ」という北海道では有名な山菜を頂きました。
これは、美味しいのですが 匂いが強烈で 職業柄平日は食べられません。そこのところを患者様も分かっているらしく、週末(今日は金曜日です)合わせてもって来て下さいました。家族皆 大好物ですので、もって帰ったら喜んでくれると思います。


 4月16日

このホームページは、今年になってから開設しましたが、先月(3月)あたりからインプラントに関する問い合わせが、非常に多くなってきました。

 その中でも、特に多いのが料金についての質問、インプラントそのものに対する質問、痛みに対する質問です。

 ところが、最近になって遠くからの方からの問い合わせが増えてきました。
その中で一番多いのは、遠方なので平日には来られないという問い合わせです。
小出歯科医院は、土日祝日が休診になっているために 1週間の内 診療日数は4〜5日間です。それでは、遠方からの患者さんには対応出来ない事が多くなります。

 そのため、今回は特例で 患者様の要望に応えて、土曜日に診察をする事にしました。
一人の患者様のために診療室を開ける事にしたのです。


 

インプラントQ&A

インプラントの出来る人、出来ない人