インプラントを進める理由 :インプラントは千歳市:小出歯科医院

無切開、無剥離の痛くないインプラントは小出歯科医院、即日で仮歯が入ります。

医療法人社団 小出歯科医院 小出歯科医院のインプラント1.歯を失ったけど健康な歯は削りたくない方2.入れ歯を入れるのに抵抗があるという方3.メンテナンスが大変という方

 

小出歯科医院ホーム

診療の流れ

一般歯科

予防歯科

インプラント歯科

インプラントの費用

インプラントQ&A

インプラントの判選択基準

メンテナンスについて

インプラントの出来る人
出来ない人

術前術後の注意事項

インプラント治療の予後

スタッフ紹介

院長の独り言
2007年
1  2  3  4
2008年
5  6  7  8

歯医者との良い付き合い方

リンク集

相互リンク集

小出歯科医院
(夜間診療PM9:00まで)
千歳市新富2丁目1−28
TEL0123−22−5655
koide☆kna.biglobe.ne.jp
☆マークを@マークに置き換えてメールしてください。


長年いろいろな患者さんを治療していると歯を失っていく法則というのがわかるようになる。
永久歯の中で最も早く虫歯になるのは6歳に生えてくる第一大臼歯で奥から2番目の歯である。
この虫歯を放置することで歯の神経を抜く羽目となり、歯が非常に弱くなってしまう。被せ物や詰め物をしても10年以内にはやりなおしになるケースが多く、特に一度神経を失った歯は感覚がないので虫歯になっても放置されることが多く被せ物を外したときにはすでに自分の歯のほとんどが虫歯で保存不可能となり抜歯となってしまう。
抜歯をすると欠損ができるので1本の場合は両隣の歯を削ってブリッジにする。このブリッジの平均寿命は8年でブリッジは土台になる歯に噛む力が通常の1.5倍もかかるのでブリッジが外れて虫歯になったり歯が割れてしまうことでさらに歯を失う。
この繰り返しの悪の連鎖は次第に加速して右が最初悪ければ今度はそこをかばうようにして左噛みになるので左に過剰負担となり左右ともに悪くなる。そして最終段階では前歯が悪くなりすべての歯を失うこととなる。


 最近の傾向としてはまず1本目欠損のときにブリッジにしないでインプラントを選択することで悪の連鎖を断ち切ることができるようになった。私のホームページでも紹介しているように欠損ができたら歯を増やす治療=インプラント治療を勧めるようにしている。若い方も今ではインプラントを選択するようになった。
また、すでにお口の中にブリッジが存在する場合でも欠損部にインプラントをいれてそれぞれの歯を単独の独立した歯にすることが可能である。その場合、一度ブリッジをすべてはずすかダミーの部分だけを切断して欠損部にインプラントをいれることでブリッジの土台の歯の寿命が格段に延びるのである。

最近、私の診療室ではブリッジがらみのインプラント植立が増加しています。
ブリッジでは、特に奥歯に入れた長いものは非常に負荷がかかり不安定です。
そのために、ほとんどの患者さんがこれから書くパターンで歯がダメになっています。
奥から2番目の歯を抜いた後に、従来であれば100%両隣の歯を削ったり神経を抜いたりしてブリッジをかけ、数年後にははずれたり、虫歯になったり、歯が割れたりでやり直すことになります。
やり直すとき、はさらに歯を削ることになるので前のブリッジより当然壊れやすくなっています。
なぜ、外れたり虫歯になったりするのかはその構造に無理があるからである。
本来は1本、1本の歯が独立しており、噛む力はそれぞれの歯に分散されていきますが、ブリッジの場合は3本分の歯が繋がっているので分散されづらいのです。
そして、ブリッジの端で物を噛むとそこがテコになりもう一方の歯が浮く力が働くので外れたり、その隙間から虫歯になりやすいのです。
2本で3本分の噛む力を負担するには無理があるのです。
負担過剰となった歯は根元から真っ二つに割れてしまい、保存不可能で抜歯となるのです。
そして、さらに欠損部は広がりまたブリッジを掛けて自分の歯をどんどん破壊していくことになります。

しかし、インプラントが出来ない方もいらっしゃいます。

それは、全身状態が悪い方、また 高齢の為に外科手術を受けられない方はインプラントを出来ません。
また、全身状態は良いけれどインプラントにする経済力がない方もいらっしゃいます。

経済的な問題であれば一時的に入れ歯をはめてもらい後々、インプラントにすることもできます。体の問題があればインプラント以外の最良の方法(ブリッジor入れ歯)を選択するしかありません。




小出歯科医院では、インプラントに関して メールまたは、電話でも無料相談を行っていますので、お気軽にご連絡ください。(インプラントの為の診査、手術日はご相談の上、土日でもお受けしております)

インプラントQ&A

インプラントの出来る人、出来ない人