インプラント歯科も無痛治療で小出歯科医院は即日で仮歯が入ります:夜間診療

医療法人社団 小出歯科医院 小出歯科医院三つの指針 患者様をいつも笑顔で迎えます。痛くないよう最善を尽くします。夜、くじまで診療しています。

 

小出歯科医院ホーム

診療の流れ

一般歯科

予防歯科

インプラント(人工歯根)歯科

インプラント費用

インプラントQ&A

インプラントの選択基準

メンテナンスについて

インプラントの出来る人
出来ない人

術前術後の注意事項

インプラント治療の予後

スタッフ紹介

院長の独り言
2007年
1  2  3  4
2008年
5  6  7  8

歯医者との良い付き合い方

リンク集

相互リンク集

小出歯科医院
(夜間診療PM9:00まで)
千歳市新富2丁目1−28
TEL0123−22−5655
koide☆kna.biglobe.ne.jp
☆マークを@マークに置き換えてメールしてください。

 

入れ歯とインプラントの判断基準

 入れ歯による治療法は、不確定な要素の多い粘膜部分の負担の率が大きく、力の方向の不規則により、残っている歯ヘの荷重量も増えます。この問題を解決する治療法として粘膜に支持を求める必要のないインプラント治療法があります。
インプラントが臨床で使われるようになってから 40年余りが経過しました。
現在では、症例、施術が適切に行われれば、成功率も 98%以上と、高い信頼性をえています。
しかし、 インプラント治療にも 次の3つの問題点があります。

  1. 完治までに数ヶ月かかる。
  2. 治療費が高額になる傾向にある。
  3. 外科的処置を避けられない。
  以上のような点を克服できる患者さんであれば、断然インプラントが将来的にも有利になります。

入れ歯 インプラント
安全性
手術が不要 手術が必要
違和感
個人差があるが違和感は大きい 違和感は少ない
満足度
満足度も個人差が大きいが、初めて入れた場合に不満は多い。(あきらめ) 入れ歯の経験者ほど満足度が大きい。
咬む力
自分の歯の3分の1程度 自分の歯の80%〜90%
手入れ
入れ歯をはずして洗うから簡単と言えば簡単ですが、残っている歯も磨かなければ... 自分の歯を磨くのと同じです。むし歯にはなりませんが、手入れを怠ると歯周病になります。
顔貌、顎の骨
入れ歯ですと顎の骨がやせますので、顔は老化しやすくなります。 インプラントは骨の吸収が止まりますので、見た目の老化は遅くなります。

OGAインプラントの手術は 無切開、無剥離ですから比較的外科的侵襲が少ないです。費用も一本の歯が165,000円からと安価で出来ます。

術者側の問題点

 これから、述べる事は完全な私見です。
異論がある方もいると思いますが、この事について議論するつもりはありません。色々な考え方もあるのだな〜と聞き流していただければ幸いです。

 歯科には、補綴(冠、ブリッジ、義歯) 、歯周病、保存科(虫歯、歯の神経、根の先の病気)、口腔外科などがありますが、全てが標準以上の知識、技術がなければならないと考えます。

 ただ、口腔外科に関しては口腔外科全般に関して熟知していなければならないとは思いません。口腔領域の解剖学的知識があって、埋伏歯の抜歯が出来る程度の技術があればよいのではないかというのが私の考えです。(ただし、骨造成など特別な技術は別ですが)

 歯科医であれば、インプラント埋入自体はそれほど難しいものではありません。

 それに、最近では歯科でもCTスキャンによる診断が行われるようになっていますから、インプラントもより安全になっています。

 インプラントを行う前に診査をしますが、どの様な診査を行うのでしょう?

 インプラント手術が可能かどうか

1.全身状態の診査(血液検査、尿検査、感染症検査)
2.口腔内の診査(虫歯、歯周病、咬み合わせ)
3.X線、CTによる骨、神経、上顎洞、鼻腔などとの位置関係の診査などがおこなわれます。

重度の糖尿病、腎臓病などがあると手術自体が出来ません。
喫煙者も予後が悪く失敗する確立が高いです。

手術が可能ならば、虫歯、歯周病の治療を行います。
咬み合せは、インプラントの部位だけではなく、全体的な咬みあわせが大事な要因になりますので、可能な限り処置をした方が良いと思います。

 インプラント埋入時に問題になりやすいのは、神経損傷、上顎洞穿孔、骨の火傷、感染です。神経損傷、上顎洞穿孔については術前の診査、計画で回避できます。骨の火傷はドリルの高速回転で起こりますので充分注意が必要です。感染は術野および器具、ドリル、インプラントを唾液に触れさせなければ心配ありません。当院では、抗生物質と鎮痛剤を術前投与しています。

 インプラントの埋入をするのに手術室を完備していなければならないという歯科医がいます。しかし、私の所には手術室はありませんが、それが原因で感染が起こり失敗したという経験はありません。

 インプラントの処置が最終的に終了するには、術後4〜6月間ほどかかりますが、それ以降は定期的なメンテナンスにはいります。

 その内容は、虫歯、歯周病、咬み合せを診査し、問題があれば治療調整を行います。虫歯、歯周病の治療も大事ですが、特に咬み合わせはインプラントの寿命に大きな影響を与えますから、特に慎重になります。

 咬みあわせの調整といってもインプラントの部位だけではなく全体の咬み合わせが大事なのです。この辺をないがしろにして、5年持ちます、10年持ちますなんて事はありえません。

 


小出歯科医院では、インプラントに関して メールまたは、電話でも無料相談を行っていますので、お気軽にご連絡ください。(インプラントの為の診査、手術日はご相談の上、土日でもお受けしております)